カテゴリー
勝ち組ロード

投資家デビュー勝ち組への道へ

不動産営業をやって5年が経過した。
そこそこ板に付いてきたと思う。
積立金額も順調にたまり、600万円以上貯まった。

チャンスを虎視眈々と待っていた!

ある時高校時代の友人に相談された。
遺産相続で物件があるのだが売却したい。

その物件自体はボロく資産はない。
しかし、駅に近郊しているし大学も近くにある。

俺はよぎった。
これをイノベショーンすれば借りてが見つかるかもしれないって。

俺はその友人に、

俺は金持ち父さんという本を読でて、夢ができた。
それは、投資家だ。

と居酒屋で豪語していた。

そして、その物件を売れに譲ってくれないか頼んだ。

そうしたら、600万円で譲ってくれた。

リフォームを1人でやる

この物件をそのままにしてと、誰も借り手がつかないだろ。
ボロいからだ。

しかし、リフォームは金が掛かる。
そのため、自力できれいきするしかない。

俺はリフォームの知識を得ていたので、悪戦苦闘しながら進めていった。

そして、1人に借り出すレベルまでにできた。
俺はこの物件を7万で貸し出す事にした。

年間84万円。
7年以降にお金が増える計算だ。

そして、この狙いは的中した。
不労所得を手に入れた。
また、税金対策も出来て、結果的にお金を増やす事ができている。

それ以降、その土地を担保に別の物件購入するという、投資家の道に仲間入りする事が出来る様になった。

不動産の仕事をしているとまれに美味しい物件に出会える。

そういった時にこっそり自分で購入するのだ。
俺は、一流会社の社長にはなれていないが、一般人が喜ぶような、投資家になれたのだった。

金は、金を呼ぶために使った。

きっかけは本とオナ禁

この道に行けたのは、金持ち父さんの本。
だけれど、知識弁慶だった。

ネットワークビジネスなんかで、毎回金持ち父さんの本が引き合いに出される。

そして、皆感銘を受ける。
しかし、ネットワークビジネスをしている人の殆どが貧乏だ。

つまり、自己啓発だけでは運命を変えるのは難しい。
俺は、そこにオナ禁が加わった。
オナ禁にやって、転職する行動力が生まれたからだ。

この記事を読んでる人がいれば、こう伝えたい。

人生は生まれた親である程度のレールは決まる。
だが、それは絶対ではない。

変わろうともがいて、ダメだと思ってもさらにもがく。
そうすると、固定されていたレールにほころび生じる。

ほころびは、一見分からないので挫折しやすいが自分を信じて行動すれば結果が出る。